ネスカフェ「ドルチェグスト」の宇治抹茶とは?

ネスカフェ「ドルチェグスト」はコーヒーメーカーにもかかわらず、宇治抹茶と宇治抹茶ラテなども飲めます。この2つ、当初は期間限定発売だったのですが、その評判の良さから定番商品にまでなった大人気商品です。いったい美味しさはどうなのでしょうか。

ドルチェグストの宇治抹茶の効能

日本人の理想的なポリフェノールの摂取量は通常の生活では不足しがちといわれています。抹茶にはお茶の葉をまるごと摂り入れることができるため、活性酸素と戦うカテキンや穏やかな毎日をサポートするテアニンを効果的に補給することができます。抹茶のポリフェノールは緑茶の2倍含まれているといわれており、古くから人々に親しまれてきました。しかし、なかなか現代で抹茶を自宅で楽しむということはできません。そこでネスカフェのドルチェグストで1日に1杯もしくは2杯の抹茶を摂取することで不足がちなポリフェノールを補い、健康・美容の維持にも大切なカテキンやテアニンを摂り入れることができるのです。

ドルチェグストで飲む「宇治抹茶」

ドルチェグストの宇治抹茶は1箱16杯分が入って980円(税込)となっています。1杯当たりの値段にすると約62円となっています。宇治抹茶はお抹茶そのままの味わいが楽しめるストレートタイプで80ml抽出されます。お抹茶はガブガブ飲むものではないので少量に設定されていますね。本来、茶筅でしっかり泡立てて作るお抹茶の味をコーヒーメーカーで再現できるのかと思うかもしれませんが、まるで茶室で点てたお抹茶のような味わいを楽しむことができます。その味わいは限定発売からレギュラーのラインナップに加わったことで証明済みと言えるでしょう。

ドルチェグストで飲む「宇治抹茶ラテ」

ドルチェグストの宇治抹茶ラテは1箱8杯分が入って980円(税込)となっています。1杯当たりの値段にすると約122円となっており、ドルチェグストのドリンクの中では高めの値段設定です。しかし、お家でコーヒーショップのような抹茶ラテが120円台で飲めると考えれば安いものでしょう。
抹茶そのままでは少し苦手、という人でも抹茶ラテであれば香り、味わいも豊かなミルクによって飲みやすくなりますので、手軽に抹茶を楽しむことができます。ドルチェグストの宇治抹茶ラテには砂糖が入っていますので、砂糖なしで飲みたいという方は、通常の宇治抹茶に牛乳とミルクフォーマーを使えば簡単に砂糖なしの宇治抹茶ラテを作ることができます。

なかなか自宅では抹茶を楽しむことができませんが、ネスカフェのドルチェグストであればお手軽に宇治抹茶をいただくことができます。しかも、低価格で美容・健康にも良いということであれば試してみない手はないのではないでしょうか。

法人向けコーヒーマシン

アンバサダーのお申込み
Copyright 2018 【ネスレ通販】無料のネスカフェアンバサダーコーヒーマシンをご紹介!!