ネスカフェバリスタ・バリスタtama・バリスタアイの特徴とは?

お家でバリスタが淹れたかのようなコーヒーが飲めるのがネスカフェが展開するコーヒーマシンバリスタシリーズです。
このバリスタシリーズはこれまでに「バリスタ」「バリスタtama」「バリスタアイ」3種類のマシーンが発売されてきました。
この3種類のマシーンについてそれぞれ特徴や違いを紹介したいと思います。

バリスタシリーズの最新機種バリスタアイ


今回紹介するバリスタシリーズはネスカフェが販売しているコーヒーマシーンです。バリスタアイはバリスタシリーズの中でも最新タイプのマシーンで、その前のタイプとして「バリスタ」「バリスタtama」が販売されていました。このバリスタやバリスタtama、バリスタアイはネスカフェゴールドブレンドなどの詰め替え商品を利用して5種類のコーヒーを飲むことができます。市販の詰め替え用の商品を利用していますが、まるでプロが淹れたかのような泡と香りを楽しむことができます。
家庭で簡単なボタン操作をするだけで本格的なコーヒーを飲むことができるということで、日本のコーヒーマシーンの中でもトップクラスの売り上げを誇るのがバリスタシリーズです。

バリスタアイの前身機バリスタtama


「バリスタ」を改良して2014年10月に発売されたのが「バリスタtama」です。このバリスタtamaの特徴の1つが、その名前にもある「tama」です。このバリスタtamaはバリスタを販売するネスレと多摩美術大学の産学連携によって生まれた商品で、実際に商品のコンセプトには多摩美術大学の学生のアイデアが用いられています。tamaとは多摩美術大学のことを表しているのです。
このほかにも前身のバリスタから機能面でも改良が行われていて本体サイズの小型化、ボタン操作からタッチパネル操作への変更、給水タンクの増量など、よりユーザーにとって利用しやすいものとなって販売されました。

Bluetooth機能搭載のバリスタアイ


「バリスタtama」に続いて2016年10月に発売されたのが「バリスタアイ」です。
バリスタアイの特徴としてあげられるのがマシーンにBluetooth(ワイヤレステクノロジー)機能がついているということです。自身のスマートフォンに専用アプリをダウンロードしておけば、スマートフォンを操作することでコーヒを淹れる時間を予約することができたり、コーヒーの濃さや泡立ち具合を登録しておけば自分の好みのコーヒーを飲むことができるなどコーヒーの楽しみ方が広がります。また、専用アプリを所有する家族や友人を友達リストに登録することで、その人たちがいつ、どんなコーヒーを飲んだのかということがわかるようになります。
この機能を利用することでコーヒーをきっかけとしてコミュニケーションをとることが期待できます。

今回は「バリスタ」「バリスタtama」「バリスタアイ」を展開してきたバリスタシリーズについて紹介してきました。
現在ではバリスタアイのみが展開されていますが、初代のバリスタ同様本格的なコーヒーが飲める商品として根強い人気を誇っています。
コーヒー好きな方はもちろん、コーヒーに興味を持っている人も気軽に使用することができる商品です。

法人向けコーヒーマシン

アンバサダーのお申込み
Copyright 2018 【ネスレ通販】無料のネスカフェアンバサダーコーヒーマシンをご紹介!!