バリスタアイとバリスタTAMAの違いとは?
   

バリスタアイとバリスタTAMAの違いとは?

ネスレからは、色々なタイプの魅力的なコーヒーマシンが展開されています。
アンバサダープログラムの旧型であるバリスタTAMAを利用していた人は、最新型であるバリスタアイとの違いはあるのか、気になっている人も多いでしょう。そこで、今回はバリスタアイとバリスタTAMAの違いについて、詳しく解説していきます。

アンバサダーのバリスタアイとTAMAは基本は同じ

アンバサダー バリスタアイ

ネスレで行われているアンバサダープログラムにおいて現在バリスタで貸し出されている機器は、最新機種であるバリスタアイとなっています。
バリスタアイは比較的2016年10月に発売された機種ですので、それ以前にアンバサダープログラムを利用している人の場合
ひとつ前の機種であるバリスタTAMAを使用している人が多いと思います。
バリスタアイとバリスタTAMAで作ることができるコーヒーの種類は基本的に同じであり、カプチーノやカフェラテ、エスプレッソ、ブラックコーヒーを作ることができます。
一見すると何も変わっていないのではないかと思ってしまいますが、実は大きく変わった機能があるのです。

アンバサダーのバリスタアイは通信が可能

アンバサダー 通信

最新機種であるバリスタアイは、ブルートゥースによりスマホでバリスタアイ本体と通信をすることができます。
これにより、スマホに専用のアプリを入れておくことで、それぞれのコーヒーの細かな味付けを自分で調節することができるようになっているのです。
つまり、自分だけのオリジナルコーヒーにカスタマイズをすることができるという事です。
アプリの操作は非常に簡単で、つまみをスライドさせるだけでOKです。
また、お気に入りの分量が完成した場合、そのカスタマイズを記憶させることができます。
これによりいつでもオリジナルの味を再現することができるようになるのです。
バリスタアイ ブルートゥース

アンバサダーのバリスタは交換できる

バリスタ 交換

バリスタTAMAを使っている人も、オリジナルのコーヒーを作ることができる最新のバリスタアイを使いたくなってくると思います。
そんな、既存のアンバサダーユーザーの期待にネスレは答えてくれています。
各ラク楽お届け便コースにおいて一定金額のエコ&システムパックを購入している人に限られますが、現時点で規定を満たしていなくても変更することで対象となることができます。
交換も非常に簡単であり、申し込み後の約2週間後にバリスタアイが自宅に届きますのでそれのかわりにバリスタTAMAを返却するだけです。
マシンカラーを選ぶことはできませんが、無料で交換できるというのは非常にうれしいですね。
アンバサダープログラムでは旧型のバリスタを使用している場合、一定条件をクリアすることで新型のバリスタアイに交換をすることができます。
条件もそこまで難しくないですので、旧型を利用している場合はアップグレードを検討してみてはいかがでしょうか?

バリスタ 交換