『濃い抹茶』~ドルチェグスト用カプセルを新発売
   

『濃い抹茶』~ドルチェグスト用カプセルを新発売

濃い抹茶 新登場

コーヒーマシンで宇治抹茶を淹れるという強烈なイメージで登場し、瞬く間に抹茶市場を変えてしまった「宇治抹茶」の発売から1年。
2017年9月1日にさらに進化した『濃い抹茶』が新発売となります。

濃い抹茶

新たに進化したポイント

ネスカフェドルチェグスト濃い抹茶は茶葉の名産地「宇治」で1枚1枚手摘みした茶葉の中から、
日本屈指の茶師によりさらに厳選した新芽の「一番茶」をふんだんに盛り込んだ茶葉を使用しており、
香り高く、深くて豊かな味わいを実現しました。
また粉末状にした茶葉をそのまま使用していますので茶葉を食べることになり、
茶カテキン(ポリフェノール)も摂取できほっとするひと時を楽しめます。

※濃い抹茶の価格
12杯分 1,180円(税抜き)

宇治抹茶を美味しく飲むために

日本人なら生まれてから母乳を飲み、次に水、そしてお茶を飲み始める。
これまでの人生でお茶と大変長い付き合いをしているはずです。
そんなお茶だからこそみなさんお茶へのこだわりは強いと思います。
実際、昨年「宇治抹茶」が販売された時にはインターネット上で様々な意見が飛び交いました。
1番多かったものが宇治抹茶が「薄い」という意見。
ただしこれは決して宇治抹茶が薄いわけでなくしばらく放置されたカプセル使用することで、
カプセル内に宇治抹茶が残ってしまい抽出しきれていないことが原因でした。
ちょっとした工夫でこの問題は解決できますので、

詳しくは『宇治抹茶の作り方【カプセルレポート】』をご覧ください。
宇治抹茶のつくり方

ネスレのお茶へのこだわり

ネスレはコーヒーだけでなくお茶にも本気で取り組んでいます。
コーヒーマシンのバリスタシリーズやドルチェグストはすでに有名ですが、「スリムT」というお茶専用マシンも販売しています。

スペシャルT※写真はスペシャルT

スリムTには抽出方法の関係で宇治抹茶は存在しませんがその他のお茶や紅茶を楽しむことが可能です。
そしてすごいところは色々なお茶が楽しめる中で、そのお茶の種類によってカプセルごとに記録されたお茶に最適な抽出温度や抽出時間でお茶を淹れられるということです。
スリムTに使われるお茶については『スペシャルT お茶へのこだわり』をご参照ください。
ネスレは一切の商品に妥協することなく最良のそして最善のコーヒーやお茶を提供します。
お客様の声を聞き常に新しい商品を開発しています。
そんな中で生まれた『ドルチェグスト 濃い抹茶』をぜひとも1人でも多くの方に楽しんでいただければ幸せです。