ネスレ「ドルチェグスト」は本当に美味しい?コスパを調査
   

ネスレ「ドルチェグスト」は本当に美味しい?コスパを調査

ネスレから提供されている高機能コーヒーメーカー「ドルチェグスト」は、自宅や職場で手軽に本格的なコーヒーが楽しめるということで人気の商品です。コーヒーメーカーは高いからちょっと手が出せないと考えている人も少なくありません。果たして本当にそうなのでしょうか、ドルチェグストの味やコスパを見ていきましょう。

ネスレ「ドルチェグスト」とは?

ドルチェグスト

「ドルチェグスト」はカプセル型から抽出するタイプのコーヒーメーカーです。ネスレからはもう1つ「バリスタ」というコーヒー豆から抽出するタイプのコーヒーメーカーもありますが、ドルチェグストの方が味、価格ともに若干高級であるといわれています。バリスタシリーズが1杯あたり約20円なのに対して、ドルチェグストは1杯あたり約50円~という価格設定です。これだけ見るとバリスタの方が良いかと思うかもしれませんが、ドルチェグストは味や香りを5層に閉じ込めたカプセルから1杯ずつ抽出するため、非常に深い味わいになるのです。

ネスレ「ドルチェグスト」の味や使いやすさ

ドルチェグスト 便利

ドルチェグストはコーヒー専門店並みの高圧抽出することができるので、そこから生み出される「クレマ(泡)」は深い「香り」と「コク」を楽しめます。そして味は15種類以上と言われるラインナップの豊富さも魅力です。ブラックコーヒーやカフェオレ、エスプレッソなどはもちろん、カプチーノ、チョコチーノ、宇治抹茶ラテなど本当にいろいろな味が楽しめます。
マシンは通常モデルの「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム」9,800円(税込み)、シンプルなマニュアル操作の「ネスカフェ ドルチェ グスト ピッコロ プレミアム」4,980円(税込み)の2種類が用意されています。全自動の「ジェニオ2」とは違い、「ピッコロ」は水の量や抽出量などを自分で調整しないといけません。朝の時間がないときにサッと飲みたいなら「ジェニオ2」の方が良いかもしれませんね。

ネスレ「ドルチェグスト」のコスパ

ドルチェグスト コスパ

ネスレ「ドルチェグスト」で気にするべきは本体価格よりも1杯あたりの価格でしょう。1杯あたり約50円~110円しますが、その本格的な味わいは価格に見合うものです。どうせ飲むなら美味しい1杯を楽しみたい!という気持ちがあるのであればドルチェグストはオススメです。
また、「マシン無料レンタルカプセルお届け便」で申し込むと、ドルチェグスト本体が無料でレンタル可能です。2ヶ月毎にコーヒーを定期注文するだけで9,800円のマシンが無料で使えるのですから、コンスタントに家でコーヒーを飲むのであれば絶対にお得なキャンペーンとなっています。

ドルチェグストは1杯あたりの価格はバリスタに比べたら若干割高ですが、より本格的な味わいが楽しめるコスパのバランスが良いコーヒーメーカーです。本体価格無料のキャンペーンもありますので、気になる場合はぜひ試してみてください!