ネスカフェドルチェグストとバリスタの価格と性能の違いは?
   

ネスカフェドルチェグストとバリスタの価格と性能の違いは?

オシャレなコーヒーメーカーがほしいけど、ネスカフェのドルチェグストとバリスタはどちらが良いのでしょうか。どちらも美味しいコーヒーを淹れられるマシンとして人気の商品ですが、購入した場合の価格や性能などを比較してみましょう。

ドルチェグストとバリスタの価格比較

ドルチェグストとバリスタの価格比較

まず、ネスカフェのドルチェグストとバリスタの価格を比較してみましょう。
・ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム 9,800円
・バリスタアイ 7,980円

となっています。ドルチェグストの方がやや割高と言えますが、本体価格として見た場合はそこまで差はないように思えます。しかし、コーヒー一杯あたりの値段を比べると

・ドルチェグスト 約50円
・バリスタ 約20円

というようにドルチェグストの方がかなり高いです。100杯飲んだ場合の差額は約2,000円と5,000円ですから2.5倍の差があります。しかし、これだけの値段の差があるのには理由があります。

ドルチェグストとバリスタの性能比較

ドルチェグストとバリスタの性能比較

ネスカフェのドルチェグストとバリスタの大きな違いは、ドルチェグストがカプセルから抽出するのに対して、バリスタはコーヒー豆から抽出します。ドルチェグストはブラック、カフェオレ、ラテ・マキアート、宇治抹茶など15種類以上の豊富なラインナップから選ぶことができます。また、15気圧のポンプ圧力から1杯ずつ抽出されたコーヒーなので、繊細なクレマ(泡)とコク、香りを楽しめます。
バリスタはコーヒー豆から抽出するためバラエティに富んだものは飲めませんが、ブラック、カフェラテ、カプチーノ、エスプレッソなどが選べるので、コーヒー好きならば十分に楽しめるようになっています。

味にこだわるならドルチェグスト

味にこだわるならドルチェグスト

ネスカフェのドルチェグストは高いですが、コーヒーショップと同等レベルの美味しいコーヒーが飲めるのが魅力です。1杯あたりの値段がネックになるかもしれませんが、1日1杯飲んだとしても約50円×30日で1,500円です。その値段でコーヒーショップ並みの美味しさのコーヒーが飲めるのであれば格安と考えることもできます。反対に、値段にこだわるのであればバリスタでも十分に美味しいコーヒーが格安で飲めますので、コーヒーだけ楽しめれば良いということであれば、バリスタも十分にオススメです。最終的には自分が何を求めているかで決めると良いでしょう。

いかがでししたでしょうか。味にこだわるのであれば「ドルチェグスト」、ランニングコストにこだわるのであれば「バリスタ」という結論になりました。どちらでも十分に楽しめるので好みで試してみてはいかがでしょうか。