ネスカフェのドルチェグストとバリスタ、それぞれの味の種類は?
   

ネスカフェのドルチェグストとバリスタ、それぞれの味の種類は?

ネスカフェから販売されているドルチェグストとバリスタは、自宅や職場で手軽に美味しいコーヒーを楽しめるということで、国内でとても売れているコーヒーメーカーです。ここではドルチェグストとバリスタ、どちらを選べば良いのか悩んでいる人に向けて、両者の特徴や味の種類についてご紹介します。

ドルチェグストとバリスタの特徴の違い

ドルチェグスト バリスタ 違い

まず、ネスカフェのドルチェグストとバリスタの大きな特徴の違いから見ていきますと、両者の最大の違いは「抽出方法」ということになります。
ドルチェグストは「カプセルタイプ」、バリスタは「粉タイプ」であり、コーヒーの淹れ方も大きく異なってきます。

・ドルチェグスト専用カプセル

カプセル一覧はこちら

カプセル一覧はこちら

・バリスタ専用カートリッジ

バリスタ専用カートリッジ

ドルチェグストは一杯ずつカプセルをマシンにセットして抽出するタイプであるのに対し、バリスタはコーヒータンクに豆を詰め替えて抽出するタイプです。
準備さえできてしまえば、あとはボタン1つでコーヒーを淹れられるのは同じです。
マシンのメンテナンスも両方とも水洗いをするだけなので大きな手間になることはありません。

ドルチェグストとバリスタの味の種類

ドルチェグスト バリスタ 種類

両者の味の種類はバリスタが5種類、ドルチェグストが15種類以上とラインナップに違いがあります。
バリスタは普通のコーヒーメニューのみ楽しめますが、ドルチェグストはそれに加え、チョコチーノやティーラテ、宇治抹茶ラテなど実に多彩なラインナップが用意されています。
味に関してはドルチェグストの方がより本格的な味わいとの感想が多いです。
それは5層構造からなる専用カプセルに挽きたてのコーヒー豆を閉じ込めており、最大15気圧のポンプ圧力で一気にコーヒーを抽出するためです。
バリスタでも十分に美味しいコーヒーは楽しめますが、ドルチェグストはより「コーヒー専門店」で飲むような一杯が楽しめる、ということです。

ドルチェグストとバリスタのどちらを選ぶ?

ドルチェグスト バリスタ どちら

自分がどのようにコーヒーを楽しみたいのかで選択肢は変わってくるでしょう。
バリスタは1杯約20円で本格的なコーヒーを楽しめますが、ドルチェグストは1杯約50円~110円という価格設定です。
しかし、ドルチェグストにはより多くのラインナップとコーヒー専門店並みの味わいが楽しめるというメリットもあります。
普段からコーヒーはブラックが飲めれば十分で、費用を抑えたいのであればバリスタ、味にこだわるのであればネスカフェのドルチェグストを選ぶことをおすすめします。
また二つとも「マシン無料レンタルカプセルお届け便」を利用すればコーヒー代だけで楽しむことができます。コーヒーを4回分定期購入すれば違約金もかかりませんので、まずは試してみるというのも手かもしれませんね。
ドルチェグストとバリスタの特徴を比較してきました。
種類にはこだわらず、コーヒーを手頃な価格で楽しむならバリスタ、いろいろな味を楽しみたいのであればドルチェグストを選ぶと良いでしょう。
1度飲めばその味に納得するはずですよ。

ドルチェグスト

バリスタアイ