口コミで評判のカプセルコーヒーメーカー・ドルチェグストの使い方
   

口コミで評判のカプセルコーヒーメーカー・ドルチェグストの使い方

口コミで評判のカプセルコーヒーメーカー・ドルチェグストの使い方

「自宅や職場で本格的なコーヒーを楽しみたい!」と思ったら、皆さんはどうされますか?「コーヒーショップからテイクアウトする」「ドリップ式のコーヒーメーカーを使う」など、いろいろな方法があるかと思います。しかし、最近では「カプセル式のコーヒーメーカーを使う」という選択肢もあります。

カプセル式のコーヒーメーカーは、豊富な種類のカプセルをセットしてボタンを押すだけで、簡単に本格コーヒーや抹茶などが楽しめます。また、コーヒーの粉を使わないので、お手入れも簡単です。
カプセルタイプのコーヒーメーカーは各社から発売されていますが、ここでは「ネスカフェ ドルチェグスト」シリーズの「ジェニオ2 プレミアム」についてご紹介しましょう。

ネスカフェ ドルチェグストとは?

ネスカフェ ドルチェグストは、ネスレが発売しているカプセル式のコーヒーメーカーです。カプセル式の一番の特徴は、もちろんカプセルです。特許技術を用いた5層構造の専用のカプセルに挽き立てのコーヒー豆を密封することで、光・空気・湿気をブロックし、酸化を防いでくれます。ですから、味も風味も損なうことなく、挽き立てのコーヒー豆を味わうことができるのです。

カプセルはコーヒーだけでなくミルクカプセルなどもあり、コーヒーカプセルと組み合わせることでアレンジが楽しめます。また、カプセル式なので汚れる場所が少なく、清掃などが楽なのも特徴のひとつです。

ジェニオ2 プレミアムの特徴

ジェニオ2 プレミアムは、ネスカフェ ドルチェグストシリーズの中でもスタンダードなモデルです。ネスカフェ ドルチェグストシリーズはカプセル式なので、エッジの利いたデザインもありますが、ジェニオ2 プレミアムは、まさにカプセル式コーヒーメーカーの王道を行く、飽きの来ないデザインとなっています。

そのほかの特徴としては、給水タンクの容量が1Lあることです。これなら、大勢のお客さんをもてなしても、給水の回数が少なくて済みます。

また、オートストップもうれしい機能のひとつです。カプセルは種類ごとに最適な抽出量が決まっていますが、その量は自分で調整しなければいけません。しかし、ジェニオ2 プレミアムなら、必要な抽出量に目盛りを合わせれば、後は自動で抽出してくれるのです。

ジェニオ2 プレミアムの入手方法

ジェニオ2 プレミアムは、「ネスレ通販オンラインショップ」で、9,800円(税込)で購入できます。ですが、「マシンが無料のカプセル定期便」なら、コーヒーカプセルを一定期間、定期購入することを前提に、マシンを無料で入手することができます。

コーヒーの価格は?

気になるコーヒーの価格は、30杯分のお得な「リッチブレンド マグナムパック」1箱で1,680円(税込)です。ただし、4~5箱で5%、6箱以上で10%の割引きになります。また、「ラテ マキアート」や「カプチーノ」といったアレンジコーヒーは、1箱8杯分で1,000円弱となっています。

作れるドリンクが多彩!

ジェニオ2 プレミアムで使えるカプセルの種類は豊富です。一例を挙げると、スタンダードなコーヒーとしては「リッチブレンド」「オリジナル ブレンド」「モカブレンド」、エスプレッソ系では「エスプレッソ」「エスプレッソインテンソ」、アレンジコーヒーとしては「カプチーノ」「カフェオレ」「ラテ マキアート」「チョコチーノ」などです。

さらに、「濃い抹茶」や「宇治抹茶」などの日本茶系、紅茶好きには「ティーラテ」、豆乳が好きな人には「ソイラテ」などバリエーションは豊富です。好みのドリンクがきっと見つかるでしょう。

ドリップ式コーヒーメーカーとの違い

次に、カプセル式コーヒーメーカーと、ドリップ式コーヒーメーカーの違いについてご紹介します。

一番の違いは、ドリップ式のコーヒーメーカーは、コーヒー豆を購入して挽き(または店で挽いてもらう)、ドリップして作るという点です。味は期待できますが、コーヒー豆の風味を損なわないよう、購入後の管理を万全にする必要があります。しかし、カプセル式であれば、カプセルに密閉されていますので期限が切れない限り、酸化しないといえます。

また、ドリップ式のコーヒーメーカーは、コーヒーフィルターを取り替えたり、ポットを洗浄したり、入れる度に清掃をします。カプセル式コーヒーメーカーも洗浄しますが、ドリップ式のコーヒーメーカーほど面倒ではありません。

詰め替え式のコーヒーマシンとの違い

詰め替え式のコーヒーマシンのメリットは、コストパフォーマンスと手軽さです。詰め替え式であれば、1杯あたり20円前後で飲めます。また、一度コーヒーパウダーをコーヒーマシンにセットして水を入れておけば、ボタンを押すだけでコーヒーが楽しめます。カプセル式は、1杯あたり100円前後かかる上に、毎回カプセルを入れなければいけません。

なお、詰め替え式のコーヒーマシンの場合、コーヒーパウダーをマシンにセットしたら、なくなるまで常温で保存することになります。そのため、時間が経つと風味が損なわれるかもしれません。しかし、カプセル式の場合、毎回カプセルを使い切りますから、鮮度が落ちることはありません。

ジェニオ2 プレミアムの使い方

ここでは、ジェニオ2 プレミアムの、基本的な使い方をご紹介しましょう。

1. 内容物の確認とセット

まずは内容物の確認です。給水タンクがセットされた本体と、抽出トレイ、抽出グリッド、使用済カプセル入れ、説明書があることを確認しましょう。そして、ドリップトレイ、ドリップグリッドを本体にセットします。

ジェニオ2 プレミアム

2. 給水タンクを洗浄し給水する

購入した直後は、一度給水タンクを軽く水洗いしましょう。洗浄が終われば、タンクに給水して本体にセットします。給水は、タンクにあるMAXの位置以上に入れないようにしましょう。

給水タンクを洗浄し給水する

3. 本体のすすぎを行う

カプセルホルダーに、「すすぎ用ツール」がセットされていることを確認します。そして、600ml以上入る容器を置きます。問題がなければ、電源コードをコンセントに挿し、電源をONにします。

次に、抽出レバーを上に倒し目盛りを最大にしてから、抽出レバーを左に倒せばすすぎの開始です。抽出レバーが真ん中に戻り、電源スイッチが緑色に点灯すれば完了となります。

本体のすすぎ

4. コーヒーカプセルをセットする

コーヒーカプセルをカプセルホルダーにセットします。カプセルが2個以上ある飲み物はミルクカプセルから入れてください。なお、すすぎ用ツールがセットされていたら、外してください。

セットが終わったら、抽出レバーを上下に倒し、抽出量に合った目盛りに設定します。最適な抽出量は、カプセル上部に記載されています。

抽出レバーを右に倒せば、抽出開始です。抽出レバーが真ん中に戻り、電源スイッチが緑色に点灯すれば完了です。

コーヒーカプセルをセットする

5. 使用済みコーヒーカプセルを捨てる

抽出が完了したら、カプセルを捨てましょう。まずは、ロックハンドルを上げてカプセルホルダーを取り出します。後は、使用済カプセル入れの上で、カプセルホルダーを下向きにしてカプセルを落とします。

使用済みコーヒーカプセルを捨てる

6. カプセルホルダーの洗浄

カプセル式コーヒーマシンは、入れる度に洗浄する必要があります。しかし、それほど難しいことはありません。取り出したカプセルホルダーの両面を水道水ですすげば完了です。後は、乾かして本体に再びセットしましょう。

カプセルホルダーの洗浄

手軽に使えて本格的なコーヒーが味わえるドルチェグスト

ドルチェグストシリーズは手軽に使えるだけでなく、豊富なラインナップのドリンクメニューを楽しめるコーヒーメーカーです。この1台があれば、自宅にカフェがやってきたかのような、コーヒーライフが送れるでしょう。

詰め替え式に比べればコストはかかりますが、コーヒーショップで買うことに比べたら決して高くはありません。コーヒーメーカーを購入するなら、ぜひドルチェグストシリーズも検討してください。