ドルチェグストで楽しめる人気カプセルをテイスティング
   

ドルチェグストで楽しめる人気カプセルをテイスティング

自宅にいても、カフェで飲むような本格コーヒーやアレンジコーヒーなどを作ってみたいと思ったことはありませんか?ゼロから機材を用意するためには、コーヒーメーカーやエスプレッソマシン、フォームミルクを作るための機械が必要ですし、キャラメルやチョコレートなど、アレンジコーヒーを作るための素材も必要です。1日数杯飲むために、これらをそろえるのは非効率的でしょう。

そこで、おすすすめなのが、カプセル式コーヒーメーカーです。ネスレのカプセル式コーヒーメーカー「ネスカフェ ドルチェグスト」シリーズは、味のバリエーションが豊富なため、カプセルだけ買っておけば気軽に本格コーヒーが味わえます。しかし、カプセルの種類は多数あるので、最初はどのカプセルを買ったらいいか迷う人も多いでしょう。

ここでは、ネスカフェ ドルチェグストの魅力はもちろん、各カプセルの味について、実際にテイスティングしてご紹介します。

カプセル式コーヒーメーカー「ネスカフェ ドルチェグスト」5つの魅力とは?

「自宅でカフェ」を実現するのに最適なカプセル式コーヒーメーカーですが、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、ネスカフェ ドルチェグストを例に、5つの魅力をご紹介しましょう。

魅力1 新鮮で風味が落ちない

カプセル式コーヒーメーカーの一番の魅力ともいえるのが、カプセルです。ネスカフェ ドルチェグストでは、特許技術を用いた5層構造の専用のカプセルを使用しています。

このカプセルに挽き立てのコーヒー豆を密封することで、光・空気・湿気といったコーヒー豆を酸化させる要素をブロックしています。カプセルは機械でコーヒーを抽出するまで密封されていますから、挽き立てのコーヒーのような風味を楽しめるのです。

魅力2 味のバリエーションが豊富

カプセル式コーヒーメーカーは、味のバリエーションが豊富なことも魅力です。自宅でカフェのようにコーヒーを楽しむためには、たくさんのメニューを用意したいところです。

ネスカフェ ドルチェグストであれば、「オリジナル ブレンド」や「レギュラー ブレンド(ルンゴ)」「エスプレッソ」「エスプレッソ インテンソ」などのコーヒーに加え、「カフェオレ」「カフェオレ インテンソ」「カプチーノ」「ラテ マキアート」「チョコチーノ」といったアレンジコーヒーを楽しめます。

さらに、「濃い抹茶」「宇治抹茶」「ティーラテ」など、お茶の抽出もできるのです。

魅力3 誰でも簡単に作れる

当たり前のことですが、一番見落としやすい魅力に「誰でも簡単に作れる」ということがあります。

シアトル系コーヒーが作れるエスプレッソマシンを使ってみるとわかりますが、ホルダーにエスプレッソの粉を入れ、スタンパーで固める作業だけでも失敗する可能性があります。

また、フォームミルクも、失敗すれば水っぽくなってしまいますし、きれいに泡立たせることができないかもしれません。

しかし、カプセル式コーヒーメーカーであれば、スイッチ1つで、誰でも簡単に本格コーヒーが作れるのです。

魅力4 メンテナンスが楽

自宅で簡単にコーヒーを作れる機械としては、詰め替え式コーヒーマシンなどもあります。詰め替え式コーヒーマシンは、毎回コーヒーをセットする必要はないのですが、定期的に複数の場所を清掃しなければなりません。

ですが、ネスカフェ ドルチェグストの「ジェニオ2 プレミアム」という機種では、使ったカプセルを捨てることと、カプセルホルダーを洗浄するだけで済みます。これは、メンテナンスとしては、かなり楽な部類に入ります。

魅力5 コストが低い

コストの低さも、カプセル式コーヒーメーカーの魅力です。カプセルの値段は種類によって1つ50円から100円程度となりますが、コーヒーショップを利用することに比べれば安いでしょう。

また、ネスカフェ ドルチェグストのカプセルを使えば、「ラテ マキアート」「チョコチーノ」といったアレンジコーヒーも、カプセルだけで作れます。つまり、牛乳やキャラメルソース、チョコレートソースなどは、別に用意する必要はないのです。低コストで、カフェのようなメニューが楽しめるといえるでしょう。

カプセル式コーヒーメーカーで飲める商品をテイスティング!

ここからは、実際にネスカフェ ドルチェグストのカプセルで作ったコーヒーなどを飲んで、味や香りのテイスティングを行ってみました。購入の参考にしてください。

・オリジナル ブレンド 1杯60円前後

うっすらと表面をコーティングするクレマはありますが、全体的なイメージはアメリカンコーヒーです。苦味やコクといったコーヒーの特徴が抑えられているので、バランスが良くとても飲みやすいです。コーヒーを1日にたくさん飲む人に最適なレギュラーコーヒーといえるでしょう。

・レギュラー ブレンド(ルンゴ) 1杯60円前後

苦味よりも、コーヒーならではの酸味が強い味です。後味に癖がないので、酸味が嫌いじゃない人には、とても飲みやすいコーヒーです。毎朝飲む定番コーヒーとしておすすめです。

・ロースト ブレンド(ルンゴ インテンソ) 1杯60円前後

深い焙煎がウリのロースト ブレンド。コーヒーが持つコクを感じつつも、しつこくないので定番コーヒーとして常備するのに最適です。

・エスプレッソ 1杯60円前後

コーヒーらしい苦味を味わいたいなら、エスプレッソがおすすめです。味わいのあるクレマを舌に感じながら、口の中いっぱいに力強い苦味が広がり、眠気が一発で覚めるようなパンチが効いた味が楽しめます。

・カフェオレ 1杯60円前後

「コーヒーは苦手だけど、甘い飲み物は好き」という人におすすめなのがカフェオレです。ミルクの甘味でコーヒーの苦味が抑えられているので、胃にも優しい味わいです。ランチ後の1杯やティータイムにぴったりのカプセルです。

・カプチーノ 1杯120円前後

フォームミルクがたっぷり入ったカプチーノは、濃厚なエスプレッソの苦味と甘味のあるミルクの絶妙なバランスで、おいしくいただけます。とても飲みやすいので、コーヒーが苦手な人も好きになれる味わいですよ。

・ラテ マキアート 1杯120円前後

ふんわりと泡立てられたフォームミルクに、リッチなエスプレッソのショットが溶け合い、優しい甘味が楽しめます。ラテ系は甘味の強い物が多いのですが、このラテ マキアートはそこまで甘くないので、大人にもおすすめです。

・チョコチーノ 1杯100円前後

甘くて、ソフトな泡立ちのミルクを楽しめるチョコチーノは、子供から大人まで楽しめます。良質のカカオ豆を使っているので、チョコレートそのものの味わいが強く残ります。

・濃い抹茶 1杯100円前後

高級宇治抹茶を使用しているだけあって、「宇治抹茶」よりも格段に濃い味わいです。苦いながらも、抹茶らしい清涼感が口の中いっぱいに広がります。和菓子などといっしょに楽しみたい味です。

・宇治抹茶 1杯60円前後

なんといっても、実際に点茶されたような美しい泡立ちに驚きました。実際に飲んでみると、本格的な抹茶が持つ、上品な味わいです。ただ、抹茶としては少し水分が強めに感じますので、より濃い味を求める人は、目盛りを一段下げてもいいかもしれません。

・宇治抹茶ラテ 1杯120円前後

苦味のある宇治抹茶と、甘味の強いフォームミルクが見事に融合した抹茶ラテ。きれいなグラデーションを作るためには、抽出口からカップまでの高低差をつけたくありません。抽出トレイの位置は変えられるので、カップとの距離ができないよう、抽出トレイの位置を抽出口に近いところにセットすると良さそうです。

・ティーラテ 1杯120円前後

フォームミルクの中に、甘いティーをミックスしたティーラテは、甘党ならぜひ飲んでほしい一品です。試しにティーだけで飲んでも、かなり甘い味が楽しめました。甘すぎると思った人は、ホットミルクを追加すると味がマイルドになりそうです。

・リッチブレンド 1杯60円前後

クレマも少なめで、苦味やコクといったコーヒーの特徴が控えめなスタンダードタイプです。バランスのとれたコーヒーなので、お得な「マグナムパック」を買ってコストを抑えれば、毎日飲むコーヒーに最適です。

・カフェオレ インテンソ 1杯60円前後

一般的にカフェオレは、ミルクの味が強すぎて、コーヒーのコクや苦みを消してしまう物もあります。しかし、このカフェオレ インテンソは、コーヒーその物の主張が強いので、「コーヒーはブラックがいい」という人にも飲めるカフェオレに仕上がっています。

・モカブレンド 1杯60円前後

コーヒーショップで飲むモカほど酸味が強いわけではありませんが、モカらしい風味と味わいを感じるコーヒーです。カプセルには「アメリカーノ」の記述がありますが、ガッツリとして存在感があり、コクもありますので、コーヒーショップのアメリカーノを想像しているとイメージが異なるかもしれません。

・カフェオレ カフェインレス 1杯60円前後

寝る前に「カフェオレが飲みたいけど、カフェインは取りたくない」という人には、カフェインレスのコーヒーが最適です。このカフェオレ カフェインレスは、ミルクの分量が控えめなので、コーヒーの味わいを残しつつ、カフェオレらしい優しい味わいを楽しめます。

・エスプレッソ インテンソ 1杯60円前後

パンチの効いたコーヒーを飲みたい人には、エスプレッソ インテンソがおすすめです。その名のとおり、エスプレッソのように濃いコーヒーなので、たくさん飲むことには向いていませんが、寝起きに飲めばシャキッと目を覚ませます。

・アイスコーヒー ブレンド 1杯60円前後

夏に重宝するのが、アイスコーヒー ブレンドです。市販のアイスコーヒーは甘めの物もありますし、コーヒーが薄すぎることも多いです。しかし、アイスコーヒー ブレンドは、濃いコーヒーを抽出して氷を溶かして作るので、風味やコクを失うことはありません。

・ソイカプチーノ 1杯180円前後

豆乳を使ったアレンジコーヒーを飲みたい人に最適なのが、ソイカプチーノです。コストはかなり高額となりますので、本当に好きな人向けの商品といえます。あまり甘味を感じないので、人によっては砂糖を用意したほうがいいでしょう。

カプセル式コーヒーメーカーのポテンシャルに脱帽!

実際に飲んでみればわかることですが、どのメニューもかなり高いクオリティの味わいで、カプセル式コーヒーメーカーは、まさに「自宅カフェ」を実現してくれるアイテムだと感じました。

コストの低さという面では詰め替え式コーヒーマシンには及びませんが、味のバリエーションを重視するならカプセル式がおすすめです。